困った返せなくなった借金を整理すること、すなわち借金問題を法的に解決する方法のことを債務整理と言います。債務整理には、任意整理や個人再生、過払い金請求や特定調停などたくさんのものがありますが、その中での最終手段として知られているのが自己破産です

自己破産とは、もう借金を返すことが出来ない、返済の見込みが亡くなった人が最終的に取る手段で、裁判所に破産を申し出て免責を受けることです。免責とは、借金を帳消しにできることをいい、自己破産が認められると借金を返す必要がなくなります。

とはいえ、借金がなくなるという大きなメリットの裏側には、もちろんデメリットも存在します。特に自己破産をすると家族や周りに秘匿することは難しくなりますし、家や自動車などといった財産がなくなります。それだけでなく、官報や破産者名簿に記されることになりますので、安易な気持ちで行うと取り返しのつかないことになります。

一方で自己破産というのは多重債務者を救うために国が設定した最終的な手段です。多重債務というのは自殺者もかなりいるほど深刻な問題です。自己破産手続きは、そのような借金の取立てから逃れることで新たなスタートを切ることもできます。借金の取立てにおびえて安心して生活をすることができる特徴があります。

自己破産手続きは裁判所に申し立てを行いますので、やはり債務整理に実績のある弁護士に依頼をするのが確実です。弁護士に依頼することで、複雑な手続きが比較的簡単に終わります。