自己破産とは、債務者が裁判所に申し立てをし、裁判所が総合的に判断をして借金を返済することが不可能であると認めた場合、借金の支払いを全額免除してもらえるという任意整理の中でももっとも深刻な借金の際に適応されるものです。

自己破産の最大のメリットはやはり、任意整理や個人再生と違って手続きが終了すると借金を返済する必要がなくなることです。今まで苦しんでいた債権者からの取立てからも逃れることができますので、財産は失いますが新しい生活を始めるためには合理的なシステムです。特に自己破産をする人は多重債務といって借りては返し、返せないから他社から借りて、といったように雪だるま式に借金が増える場合が多いですので、リセットできることは今後に有益です。

家自己破産を行うためには、裁判所に申し立てをして免責が認められる必要がありますので誰もができるわけではありませんが、任意再生などとは違い、収入がなくても行うことができる点もメリットです。自己破産をしたから何もできないのではなく、自己破産手続きが終了した後に得た財産や収入については自由に管理したり処分することもできます。生活に必要な財産は残せますので、その後の生活は営めます。続いては、デメリットについて説明します。