悲しむ人借金に苦しんでいる人にとっては、自己破産手続きは借金がなくなるということで画期的なものに思えがちです。ですが、安易に自己破産を選択するとそれなりにデメリットもありますので注意が必要です。

一番のデメリットとしては、生活に必要な最低限の財産を除き、家や自動車などの一定の財産は処分されます。自動車については、価値が20万円以下のものであれば所持を許可される場合もあります。必要最小限の財産に何が含まれるのかということは、専門的な交渉が必要になる場合もありますので弁護士に相談しておくほうがよいでしょう。

自己破産手続きが終わるまでには、弁護士や司法書士などのいわゆるサムライ業などに就くことはできず、取締役などであった場合はその役職を解かれます。さらには、官報や破産者名簿に掲載されるというデメリットもあります。それにより、これは他の債務整理とも共通するのですがローンを組むことが出来なかったりクレジットカードを作ることが出来なくなることもあります。

そのようなデメリットがある自己破産ですが、これは最後の多重債務者を救済する手段です。借金で首が回らない場合は、状況が深刻になる前に弁護士に相談をするとよいです。