悲しむ人借金に苦しんでいる人にとっては、自己破産手続きは借金がなくなるということで画期的なものに思えがちです。ですが、安易に自己破産を選択するとそれなりにデメリットもありますので注意が必要です。

一番のデメリットとしては、生活に必要な最低限の財産を除き、家や自動車などの一定の財産は処分されます。自動車については、価値が20万円以下のものであれば所持を許可される場合もあります。必要最小限の財産に何が含まれるのかということは、専門的な交渉が必要になる場合もありますので弁護士に相談しておくほうがよいでしょう。

自己破産手続きが終わるまでには、弁護士や司法書士などのいわゆるサムライ業などに就くことはできず、取締役などであった場合はその役職を解かれます。さらには、官報や破産者名簿に掲載されるというデメリットもあります。それにより、これは他の債務整理とも共通するのですがローンを組むことが出来なかったりクレジットカードを作ることが出来なくなることもあります。

そのようなデメリットがある自己破産ですが、これは最後の多重債務者を救済する手段です。借金で首が回らない場合は、状況が深刻になる前に弁護士に相談をするとよいです。

自己破産とは、債務者が裁判所に申し立てをし、裁判所が総合的に判断をして借金を返済することが不可能であると認めた場合、借金の支払いを全額免除してもらえるという任意整理の中でももっとも深刻な借金の際に適応されるものです。

自己破産の最大のメリットはやはり、任意整理や個人再生と違って手続きが終了すると借金を返済する必要がなくなることです。今まで苦しんでいた債権者からの取立てからも逃れることができますので、財産は失いますが新しい生活を始めるためには合理的なシステムです。特に自己破産をする人は多重債務といって借りては返し、返せないから他社から借りて、といったように雪だるま式に借金が増える場合が多いですので、リセットできることは今後に有益です。

家自己破産を行うためには、裁判所に申し立てをして免責が認められる必要がありますので誰もができるわけではありませんが、任意再生などとは違い、収入がなくても行うことができる点もメリットです。自己破産をしたから何もできないのではなく、自己破産手続きが終了した後に得た財産や収入については自由に管理したり処分することもできます。生活に必要な財産は残せますので、その後の生活は営めます。続いては、デメリットについて説明します。

自己破産手続きは裁判所を挟む法的な手続きであるため、少々複雑ですが弁護士など専門家にお願いすることでそこまで手間もかからずできます。自己破産は誰でもできるわけでなく裁判所から「借金を払わなくてよい」という免責許可をもらうことがまず先決です。浪費やギャンブルがひどい場合や、過去に免責がある場合は認められませんので、自己破産できるかどうかについても、まずは弁護士に相談します。

通帳弁護士に相談する際には債権者一覧表をまとめておきます。借り入れ先それぞれの住所や連絡先、債務額や取引開始年月、そしてサラ金のカードやクレジットカード、請求書や収入の状況が分かるものをまとめておきます。そして、弁護士の指示する書類を作り、申し立てをします。

その書面に問題がなければ、裁判所は書面審査で破産開始決定を下します。免責が許可されれば2か月くらい後に免責が決定され借金から解放されるという流れです。その際、資産がある場合は管財人に頼んで売却してもらうことになります。車やマイホームなどの財産は手放さなければなりませんが、弁護士に依頼した場合にだけ認められる少額管財の簡易手続きなどがあり、即座に生活に困るということはありません。

(参考記事)
自己破産のデメリット
自己破産のメリット

困った返せなくなった借金を整理すること、すなわち借金問題を法的に解決する方法のことを債務整理と言います。債務整理には、任意整理や個人再生、過払い金請求や特定調停などたくさんのものがありますが、その中での最終手段として知られているのが自己破産です

自己破産とは、もう借金を返すことが出来ない、返済の見込みが亡くなった人が最終的に取る手段で、裁判所に破産を申し出て免責を受けることです。免責とは、借金を帳消しにできることをいい、自己破産が認められると借金を返す必要がなくなります。

とはいえ、借金がなくなるという大きなメリットの裏側には、もちろんデメリットも存在します。特に自己破産をすると家族や周りに秘匿することは難しくなりますし、家や自動車などといった財産がなくなります。それだけでなく、官報や破産者名簿に記されることになりますので、安易な気持ちで行うと取り返しのつかないことになります。

一方で自己破産というのは多重債務者を救うために国が設定した最終的な手段です。多重債務というのは自殺者もかなりいるほど深刻な問題です。自己破産手続きは、そのような借金の取立てから逃れることで新たなスタートを切ることもできます。借金の取立てにおびえて安心して生活をすることができる特徴があります。

自己破産手続きは裁判所に申し立てを行いますので、やはり債務整理に実績のある弁護士に依頼をするのが確実です。弁護士に依頼することで、複雑な手続きが比較的簡単に終わります。