自己破産手続きは裁判所を挟む法的な手続きであるため、少々複雑ですが弁護士など専門家にお願いすることでそこまで手間もかからずできます。自己破産は誰でもできるわけでなく裁判所から「借金を払わなくてよい」という免責許可をもらうことがまず先決です。浪費やギャンブルがひどい場合や、過去に免責がある場合は認められませんので、自己破産できるかどうかについても、まずは弁護士に相談します。

通帳弁護士に相談する際には債権者一覧表をまとめておきます。借り入れ先それぞれの住所や連絡先、債務額や取引開始年月、そしてサラ金のカードやクレジットカード、請求書や収入の状況が分かるものをまとめておきます。そして、弁護士の指示する書類を作り、申し立てをします。

その書面に問題がなければ、裁判所は書面審査で破産開始決定を下します。免責が許可されれば2か月くらい後に免責が決定され借金から解放されるという流れです。その際、資産がある場合は管財人に頼んで売却してもらうことになります。車やマイホームなどの財産は手放さなければなりませんが、弁護士に依頼した場合にだけ認められる少額管財の簡易手続きなどがあり、即座に生活に困るということはありません。

(参考記事)
自己破産のデメリット
自己破産のメリット